ソープランド基礎知識

みなさんはどんな風俗遊びが好きですか。個人的にはデリヘル遊びが好きですが、風俗の中でもソープランドは別格といえる風俗ではないでしょうか。
法の隙間を縫って新しいジャンルの風俗が出来ては、法の規制が施行され消えていく昨今、ソープランドは公的な認可を受けて営業しているため、法の規制により消えることはありません。
ただし、市場が弱くなっていることもあり、ソープランド事業から撤退したり廃業したりするケースはあり、なかにはソープランドからファッションヘルスに鞍替えして営業している店舗などもあります。
ここ数年、ソープランドの店舗数は減ることはありましたが、増えることはありませんでした。

ソープランドの料金は入浴料とサービス料の2本立てになっています。
ただし、店によって入浴料のみの表示となっている場合と、入浴料とサービス料を総額したセット料金で表示している場合があります。
入浴料は浴室を使用する料金で店に対して払う料金で、サービス料は浴室でサービスしてくれる女の子に対して支払う料金です。
入浴料のみの表示なのか、入浴料とサービス料の総額表示なのかは店に直接聞くのが一番間違いがありません。

また、ソープランドは料金によってランク分けがされています。
総額3万円未満の店を大衆店、総額3万円〜6万円未満の店を中級店、そして総額6万円以上の店を高級店といいます。
ソープランドは料金が他の風俗と比べ高いので、ハズレの女の子を引くわけにはいきません。ハズレの女の子をひかない為に、私はお店の従業員の話を参考にしたり風俗やデリヘルの口コミ情報サイトを参考にしたりします。

不況の昨今、ソープランドは大衆店と高級店の二極化が進んでいると言われています。
中級店はどんどん高級店へと鞍替えする店舗が増えて、減少の一途を辿っていますが、かつての吉原では中級店が大半を占めていました。
高級店や中級店、大衆店は料金の違い以外にどんな差があるのかというと、強いて言えばプレイ時間の差といえます。大衆店だから設備やサービスが悪かったり、女の子の質が極端に悪いということはありません。